《加齢のせいなのか、はたまた、胃が悪いのか、歯周病なのか…。たまにいますよね、「歯の奥の方で、食べ物を貯蔵したまま、だいぶ眠らせているんじゃないか」そんな異臭を発する人》
《同時に思うのが「自分も気をつけなくちゃ」ですよ》
《年齢を重ねると歯茎が痩せるのでしょうか。若い頃は何を食べても大丈夫だったのに、今はま〜何を食べても歯の間に食べ物が挟まる!!》

 赤裸々に悩みを綴るのは大久保佳代子(45才)。ファッション誌『Marisol』(集英社刊)の連載『食とエロス』で毎回切実なアラフォーの悩みを告白している大久保だが、最近友人から「ニンニク食べた?」と聞かれショックを受けたのだという。

 この告白に巷の50〜60代が「わかる!」と声を上げた。ネット上にも口臭に悩む女性の声が溢れる。

《車中で子供に「まま、お口臭い」と言われたり、夫から「口臭いよ」と言われた》《ヘドロのような病的な臭いがするらしい…》《面と向かってお客様から口臭を指摘されました》《若い頃は気にもしなかったのに…》というが、加齢は口臭に影響を与えるのだろうか。

 とつかグリーン歯科医院の院長・渡辺秀司先生によると、口臭と年齢には関係がないが、より注意は必要になるという。

「加齢と共に歯茎を支える骨は弱くなり、下がってきます。そうすると、歯のすき間が広がって歯垢が溜まりやすくなります。歯垢は細菌の塊です。菌は口臭の原因となる歯周病を引き起こします。女性は特に注意が必要。加齢とともに女性ホルモンが少なくなると、骨密度が減って骨が弱くなります。予防するには、食事の後にコップ1杯の水を飲んで歯の汚れを取り除いたり、すすぐことでも違います。特に、夜の歯磨きを念入りにしたりといった積み重ねが大切です」(渡辺先生)

 口臭を今すぐ治療したいという人には、こんな最新治療がおすすめ。

「口臭の原因となる歯周病菌を抑制したり、歯のすき間を消毒できるレーザー治療という方法があります。歯周ポケットのブラシが届かないところも殺菌できて、痛くないので簡単ですよ」(前出・渡辺先生)

 ちなみに大久保は次のような“対処法”を実践しているという。

《相手が大手事務所のイケメンアイドルの場合は念入りに、名前も知らないような男性モデルの場合はサッと簡単に…共演者のイケメンレベルに合わせて、食後はちゃんと歯を磨くように心掛けている》

※女性セブン2016年10月27日号