政界屈指のアイドル通を自任する前地方創生担当相・石破茂氏によると、「そもそもアイドルとは、目にした瞬間の鮮烈な輝きが衝撃的で、それゆえ歌唱力や演技力を抜きにして心揺さぶられる存在と定義できます」という。

 アイドルにとって歌唱力は必要不可欠な要素ではないが、歌の上手いアイドルは数多い。

「河合奈保子と岩崎宏美は抜群に歌が上手かった。とくに東京・深川の製材機械の輸入業者の次女だった岩崎宏美は、江戸っ子らしい話し方が好きで出演するラジオをよく聞いていました。アルバムは全部買いましたが、当時1枚2000円で、プラモデルを買おうか毎回悩んでいました(笑い)。

 太田裕美も忘れられない。歌が上手く、自分で曲も作り、しかも、ピアノを弾き語りして、なおかつ可愛い。当時流行っていたフォークとアイドルが融合したような存在でした。好きな曲は『九月の雨』かな。カラオケもたまに行きますが、夏になると柏原芳恵の『夏模様』を歌いたくなります」(石破氏。以下「」内同)

 歌唱力や演技力のほかに、アイドルにとって欠かせないのが「性格」だという。

「岡田奈々が典型ですが、生意気そうでも、『きっといい人に違いない。付き合ったら楽しいだろうな』と思わせてくれる存在ですね。紺野美沙子も、美人で頭もいいのに、澄ましていない。気取らず、『こんな人が同級生だったらいいな』と思える。

 同じ系譜でいえば松坂慶子や羽田美智子でしょう。綺麗なのにどこかとぼけたほのぼのとした味があり、かつ自分の意見を持っているところが魅力ですね。森口博子は少し違うタイプで、苦労しているのにそれを表に出さない。人間性のよさが伝わってきます」

 石破氏にとって、アイドルとはキャンディーズ。中でもミキちゃんこと藤村美樹のファンで、「一番美人なのに控えめで、芯が強いうえに、音楽的な資質が高い」と評価する。

「日本におけるアイドルの時代は、1978年のキャンディーズ解散をもって終わったと思います。その後のピンク・レディーと比較されることが多いのですが、『意図して生み出されたアイドル』という点で、キャンディーズとは本質的に異なるのではないでしょうか」

◆石破茂:1957年2月4日生まれ。鳥取県出身。1986年、衆議院議員選挙で初当選。防衛相、農水相、自民党幹事長、内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)兼地方創生担当大臣等を歴任。

※週刊ポスト2016年10月28日号