《娘も息子も、思いっきり楽しんで参加していて、本当に嬉しかったです。幼稚園のママとの再会には涙があふれてしまいました。》(ブログより。《 》内、以下同)

 連日の雨がようやくやみ、肌寒い曇り空となった10月10日、都内の私立幼稚園で運動会が行われた。黒いワンピースに細身のジーンズ、黒いスニーカーで現れたのは小林麻央(34才)だった。

「姉の麻耶さん(37才)が前を歩き、その後ろを麻央さんと娘さんが手をつないで歩いていました。麻央さんの足は細く、長袖からのぞく手のひらも少し筋張っていましたが、顔は満面の笑みで、歩き方もしっかりしていた。運動会を本当に楽しみにしていたことが伝わってきました」(幼稚園関係者)

 乳がんとの厳しい闘いを続ける麻央にとって、この日は待ち望んだ一日だった。運動会の後には、麻耶や子供らと一緒に蕎麦店を訪れた。リラックスした表情の麻央は、「久しぶりにこんなに楽しい食事ができたね」と頬を緩めたという。

 その1週間前、麻央は重大な告白をしていた。

《私は、一般的には、根治は難しい状態と言われるかもしれません。(略)私はステージ4だって治したいです!!》

 自らのがんが「ステージ4」であることを明かした発言の衝撃は大きく、多くの人々が言葉を失った。

 ステージとは「がんの進行度合」を表す。乳がんの場合、最も軽いステージ0、Iから最も重いステージIVまでの5段階がある。また、がんの治療を始めた人のなかで5年後、10年後に生存している人の割合を示す「5年生存率」「10年生存率」という数字も公表されている。

 麻央のステージ?とは、乳がんが骨、肺、肝臓など他部位へと転移が広がった状態を指している。一般に「末期がん」「遠隔転移乳がん」と呼ばれる。事実、彼女はブログで骨と肺にがんが転移したと明かしている。

 グランドハイメディック倶楽部理事で、元国立がんセンターがん予防・検診研究センター・センター長の森山紀之さんが説明する。

「転移とは、がん細胞が血流やリンパの流れに乗って移動し、骨や臓器に取りついて増殖することです。乳がんの場合、乳房から心臓が近いので、どこにでも転移しやすい。なかでも可能性が最も高いのは骨で、患者の3割は最初の転移が骨で見つかります。腰骨に転移すると腰痛、胸骨は背中、骨盤は腰の骨周辺が痛くなる。

 最初は軽い痛みですが、段々と強くなります。とはいえ、骨転移があっても命に別状はない。乳がんは肺への転移が多いのも特徴です。肺の転移が進行して胸の痛みや血痰、胸水などの症状が出て、呼吸機能が落ちれば、生存率は低くなります」

 治療法は、ステージIIIまでは手術が一般的だが、転移のあるステージIVでは手術の効果が限られる。そこで、抗がん剤治療やホルモン療法が中心となる。

 麻央は10月1日のブログで「QOL(生活の質)のための手術」を受けたことを明かしている。麻央の知人が語る。

「麻央さんは、左乳がんと脇の下のリンパ節を取り除く手術を行ったそうです。がんをすべて除去する『根治手術』ではなく、痛みを軽減するための手術でした。2時間以上のオペでしたが、麻央さんの状態は良好で、その後、一時退院までできるようになりました。海老蔵さんと子供たちと久々に家族水入らずの時間を過ごせたそうです」

 術後、麻央はブログでこう心境を綴った。

《先生方が大きな手術にチャレンジして下さったことは、大いに大いに喜んで、心からの感謝をしています。(略)奇跡はまだ先にあると信じています》

 9月1日に「なりたい自分になる」と題してブログを開設してから、麻央はほぼ毎日更新を続けている。常に前向きに自らを語る彼女に多くの人が勇気づけられ、共感の輪が広がっている。彼女のブログは初日だけで3000万PVを記録した。

「麻央さんの開設したアメブロはPVごとに広告料が発生します。コンスタントに1日1000万PVを超える麻央さんのブログの広告収入は、通常であれば月1000万円ほどになるはずです」(広告代理店関係者)

 がんとの闘いには経済的負担という現実がある。

「今、麻央さんは都内の大学病院に入院していますが、セキュリティーなどを考慮して1泊数十万円するVIPルームを使っています」(前出・知人)

 高額な治療代を含め、多くのがん患者にとって家計の不安も大きいのである。

※女性セブン10月27日号