「まわる〜まわる〜よ時代はまわる〜」

 城田優(30才)が、中島みゆきの名曲『時代』を歌いながら、ひとりの女性の周りを一周すると、腰に手を添えて後ろから包み込むようにハグ。すると会場からは「キャー!」という悲鳴に近い歓声があがる。観客のほとんどが30〜40代の女性だ。

「色気がすごい! 優くんとの距離が近すぎて危険!」(35才主婦)

「優くんはノリがよくて最高。舞台の凜々しい表情とのギャップが見られてよかった! 生歌も披露してくれてチケット代500円なんてお得ですね」(41才主婦)

 10月9日、学習院女子大学(東京)の学園祭での一コマ。学園祭では今、イケメン俳優のトークライブが大人気。今年だけでも北は北海道から南は長崎まで、俳優たちが全国50校以上の大学を回るというから驚きだ。

 賀来賢人(27才)が10校、玉木宏(36才)が7校、佐藤健(27才)が7校とこの3人がトップ3。他にも藤木直人(44才)や千葉雄大(27才)、田中圭(32才)、桐谷健太(36才)など、イケメン俳優が名を連ねている。

 学園祭というと歌手やバンドのライブというイメージだったが、ここ数年俳優の出演が増えているという。

「俳優は抜群に集客力がいい。理由は破格のチケット料金とサービスの良さです。チケット代は高くても3000円で、中には無料の会場もあります。質問コーナーで出演者と話せたり、サイン色紙やハグのプレゼントもあるのでかなりお得ですね。ライブを機にファンになる人も多いので、出演者や事務所にとってもおいしいイベントなんです」(芸能関係者)

 今月1日に名古屋女子大学で行われた賀来賢人のトークライブでは抽選コーナーが設けられ、選ばれた5人が壇上に。プレゼントはサイン入りの色紙と握手。しかしこの日はそれだけでなく、ギュッと熱いハグのプレゼントまで! 抱きしめながら「結婚してごめんね」とささやくと、妄想と嫉妬が入り混じった悲鳴が会場にこだました。

 今月9日に福井工業大学で行われた学園祭には、佐藤健が登場。会場には900人を超える観客がつめかけた。佐藤にとって学園祭の出演は5年ぶり。ファンは早々から涙を浮かべながら佐藤のトークに聞き浸る。

司会「佐藤さんのプロフィールを見たら、『ブレイクダンスが得意』って書いてあったんですけど」

観客「踊って〜〜!」

佐藤「どうやらぼくのことを応援してくれる人が多いようで。知っているとは思うんですけど…絶対にやんねえよ(笑い)」

 急に飛び出したドS発言に、会場からは歓声と笑いが起こった。

 冒頭の城田のライブは佐藤と同日。ふたりはプライベートでも大の仲良し。東西300kmを結ぶエピソードも披露された。

「彼も今日福井の学園祭に行くらしくて。昨日あいつと遊んで、2時間くらいマジカルバナナをやったんですよ。で、全然終わらなくて。“明日の学園祭はこの話で決まりだな”って話してました(笑い)」

 事前に集められたアンケートを基にした質問コーナーでは、観客から思いもよらないお願いが。

城田「次の質問は…『私と結婚してください』。え? ぼく条件いろいろありますよ。まず年。いくつですか?」

観客「22です!」

城田「クリア。料理はできるの? クリアだね。犬は好き? それもクリア。最後に。一生ぼくだけを見続けることはできますか?」

観客「は、はい! もちろん」

 公開プロポーズのようなシチュエーションに会場の熱気は最高潮に。この日だけのトークが楽しめるのも、学園祭の魅力だ。

※女性セブン2016年10月27日号