「異次元のプレーが体感できる」と売り切れが続出しているのが「ルール不適合」のゴルフグッズだ。

 日本ゴルフ協会(JGA)が定めるルールに違反しているギアのことで、プロツアーはもとより、アマチュアの大会や会員制ゴルフクラブの月例競技会などでも使用できない。

 しかしこれは、多くのゴルファーにはまったく関係ないことだ。仲間内でラウンドする分には何も問題ない。飛距離もスコアも確実に伸びて、さらにラウンドが楽しくなるゴルフグッズを紹介しよう。

 中高年ゴルファーがゴルフをあきらめる大きな理由は、「若い頃より飛ばなくなった」というものだろう。

 しかし、瞬く間に若かりし日の飛距離を取り戻すことができる魅惑のドライバーが存在する。ゴルフ歴30年、65歳になるA氏が語る。

「驚きました。定年後、10歳年下の家内にオーバードライブされるようになってしまったんです。いくら赤マーク(レディースティー)から打っているとはいえ、プライドはズタズタです。でも、高反発のドライバーを手にすることで、再び亭主として威厳を保つことができている。不適合とは家内には内緒ですが(笑い)」

「高反発」とは、ルールを超える高い反発係数を持つドライバーのこと。

 日本では、昨年10月に大手メーカーのPRGR(プロギア)が参入したことで話題となった。同社が発売した高反発の『金エッグドライバー』(10万円・税抜き、以下同)は大ヒットとなった。

 今年4月にはさらに長尺となって飛距離が伸びる『金エッグドライバー ロングスペック』(12万円)を投入。いずれも高額商品で、〈※公式競技では使えません〉という但し書きが添えられているにもかかわらず、ゴルフショップでは品切れ状態が続いているという。

「ルール不適合であることをきちんとアナウンスした上で、高反発を必要としているユーザーのために販売しています。当初は70〜80代のゴルファーを想定していましたが、昔のような飛びを取り戻して楽しみたいという60代のシニアゴルファーにも受け入れられています」

『金エッグ』の大ヒットにより、各社が高反発ドライバーの開発・販売に着手。いまやゴルフショップでは「高反発コーナー」が設けられるほどだ。

 高反発を売りにするボールもある。中でも人気なのは、昨年6月に発売されるや、爆買いゴルファーが続出した『飛匠レッドラベル 極』(ワークスゴルフ=1ダース3980円)だ。表面カバーなどの改良によって、初速が公認球より最大毎秒4メートル速くなり、ドライバー飛距離も最大38ヤードの伸びが確認されているという。

 発売元のワークスゴルフの担当者が語る。

「高反発ドライバーは高額ですが、ボールならお手頃な価格でお客様も手に取りやすいようです。これまで通りに打てばいいし、結果もすぐに表われます。すでに高反発ドライバーを使っている方は、高反発ボールの併用でまさに鬼に金棒です」

※週刊ポスト2016年10月7日号