現役時代は3度の三冠王という圧倒的な実績を残し、監督としては「強いけど面白くない」と評された落合博満氏。ところが落合氏がGMを務める中日ドラゴンズは今シーズン、19年ぶりとなる最下位が確定した。GMとしての手腕には賛否両論が飛び交う落合氏だが、ある中日OBは、『週刊ポスト』の取材に対して次のように漏らした。

「名古屋でメシを食っている以上、表立ってはいえないが、やはり最も大きいのは白井文吾オーナーの責任だろう。白井オーナーは自他ともに認める落合GMの後ろ盾。落合氏の“独裁”は、その近すぎる関係の上に成り立っている。ここにメスを入れない限り、監督や主力選手を入れ替えても状況は変わらない」

 本誌は落合GM体制の命運を握る白井オーナーを直撃した。今季最終戦が東京ドームで行なわれた9月28日早朝、愛知県内にある自宅から出てきたところで御年88歳の白井氏は取材に応じた。

──落合GMは1月退任ですか?

白井「退任じゃないだろう。契約切れということだよ」

──その後はどうなるのか。球団に残るのか。

白井「そんなことを今決めたら失礼でしょう。たとえば、来年は要らないといったら、やる気がなくなってしまうじゃないか。常識ですよ。あなたが、あと何日でクビだといわれたら気分悪いでしょう。それと同じことだよ」

──現場では落合GMへの不満が高まっているが、オーナーがそれを擁護しているといわれている。

白井「擁護はしていない。擁護もしないけど、一部の人のように攻撃もしない。だって、契約しているんだものね、わははは」

 豪快に余裕の受け答えを続ける白井氏。そこで落合氏の“嫌われぶり”についてぶつけると、真っ向からの反論が飛び出した。

──落合GMの評判が悪いのは耳に入っていない?

白井「知りません。嫌いな人はいるかもしれないが、GMの評価は凄いんですよ。評価の高さが。日本の野球界で一番能力があると、たしか日経新聞にも書いてあったな。読んだ?」

──たとえ能力があっても、チームの成績は悪い。

白井「あのね。格好(チーム)が作られていても、それを運用する人がカギを握るわけです」

──つまり勝てないのはGMよりも監督の責任だと。

白井「(監督とGMは)仲が悪かったみたいだね(苦笑)。監督はGMにいろいろと注文して、GMはそれを聞く。GMは“いうことを聞いてきたのだから、当然、いい成績になるだろう”というスタンスだよ」

 今季の不振の責任にしても落合GMよりも谷繁監督の責任が重いと断じるような口ぶりだ。

──落合GMを信頼されているんですね?

白井「そんなこといわれても答えようがないよ。ノーといえば“信頼してない”と書かれるだろうし、イエスと答えれば“べったり”と書くんだろう。愚問だな。さ、もういいだろ。明日は来ないでくれよ、わははは」

 白井氏は豪快な笑いとともに上機嫌で去っていった。

 この直撃取材の翌日、落合氏の監督時代の参謀役として知られる森繁和ヘッドコーチが来季の監督に就任することが決まった。小笠原道大・2軍監督が昇進するという大方の予想を覆しての人事だった。「嫌われる落合」が来季も健在という、まさかのシナリオが進行しているのだろうか。

※週刊ポスト2016年10月14・21日号