広島カープ25年ぶりの優勝を新天地で祝福した往年の鯉戦士を訪ねた。

 ドラフト前日に8球団から1位指名の可能性を伝えられていた川島堅(47)は、3球団競合の末に広島に入団した。1988年、高卒1年目の夏に一軍昇格。約1か月後、甲子園で先発・大野豊が打ち込まれ、中継ぎで初登板を果たす。

「どうせ今日も出番はないだろうと高を括っていたんです」

 実はコンタクトレンズを宿舎に忘れていた。捕手の達川光男は「バカたれ!」と一喝した後、「よし、わかった」とマウンドを去って行った。

「何がわかったのかな? と思ったら、胸の辺りで大きくサインを出してくれたんですよ。よく見えましたね。フォローの仕方が完璧でした」

 1年目は最終戦で完投するなど上々の滑り出しだったが、3年目にコーチから「横手投げに変えろ」と指示を受け、約1か月後にヒジを故障。1995年から1年間台湾でプレーし、野球から離れる踏ん切りがついた。

 帰国後、大学へ行くか、資格の勉強をするか、商売を始めるか悩み抜いた末、少しでも野球で故障した経験が活かせると思い柔道整復師を目指した。

 カープのトレーナーに相談し、紹介された接骨院のグループ会社で朝と夜働きながら、昼は専門学校に通う日々を3年間続けた。月給は10万円程度。年下の院長に命令される立場になった。

「自分は何もできないと思い知らされ、給料があるだけでありがたかった」

 謙虚な姿勢で吸収力の高い川島は新店舗の院長に抜擢され、8年間勤め上げた後、独立した。

「自分のやり方を試したくなった。収入は減ったけど、充実しています」

 川島は今、東京・小平市で一橋整骨院を経営する。初診料2000円から。

「都心部の整骨院よりかなり安いですよ」

(文中敬称略)

●取材・文/岡野誠 撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年10月28日号