二刀流として開花した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測! 1994年オフにFA宣言してヤクルトから巨人に移籍した経験を持つ広澤克実氏は、今オフ、超大型FA補強に走った巨人の来季をどう見るか。

 * * *
 今回も巨人の補強は的を射ていないというか、ビジョンが見えてきませんね。FAで巨人に行った僕がいうのもなんですが、ジャイアンツのFA補強はいつも安易に見えてしまう。

 これまでFAで最も多くの選手を獲ってきたのが巨人。これだけ“失敗”を繰り返しながら、よく陽岱鋼(29)にまで手を出したなと思います。

 陽がダメな選手ということではありません。“なぜ陽が必要なのか”の理由が見えてこないのです。しかも巨人では、移籍してきた大物選手を引退後に論功行賞でコーチに就任させるケースが少なくありません。そのため技術指導ができるコーチがいない。明確なビジョンのないままFA市場で選手を獲得し、その悪循環がチーム内に積み重なっていく。

 今オフの補強もその延長線上にある。だから補強によってむしろ巨人は優勝候補から外れた。生え抜きを育てようとしなければ、チーム内競争は生まれず、選手のモチベーションは下がるばかり。

 なので優勝はズバリ、阪神だと思っています。

 その理由はFAで糸井嘉男(35)を獲れたからではない。闇雲にFA選手に頼ってもいい結果につながらないのは阪神も同じです。優勝するためには、“超変革”を掲げた1年目同様に、金本知憲・監督が江越大賀(23)、横田慎太郎(21)、板山祐太郎(22)、中谷将大(23)、陽川尚将(25)、北條史也(22)ら若手を積極的に起用し、選手たちのモチベーションを高めていく必要があります。

 阪神ファンは若手を起用して負けても我慢してくれる。自前の選手でチャレンジするなら、2年でも3年でも待ってくれるありがたいファンなんです。それがFAで獲得した糸井頼みになるようだと、早々に見放すファンだって出てきます。そこを金本監督が分かった上で采配できるかがカギです。昨シーズン同様、多くの選手に“自分にもチャンスがある”と思わせることができれば、今季は結果がついてくるのではないか。

 2位以下は運不運が左右するところが大きいので、現時点での予想は2〜4位候補3チームと5〜6位候補2チームを挙げさせてもらいました。阪神以外の5球団はそのくらいのレベルだと見ています。ビジョンがないチームの順位予想は難しい。

 パも各チームのビジョンが見えないから、同様に現時点での予想は困難。ただ、戦力だけでいえばソフトバンクがダントツです。2016年のシーズンだって、誰が監督でも優勝できるはずでしたが、巨人と同じで技術指導できるコーチがいないので、選手が不振に陥ると短期間で戻す術がない。その隙を突かれ、日本ハムに逆転された。そうした最悪のケースさえ避ければ、優勝はソフトバンクで堅いでしょう。

 日ハム・大谷翔平(22)は、日本最速165kmのストレートがバットに当てられてしまうことからわかるように、球の質はまだまだ。過度な期待はしていません。

【順位予測】
セリーグ/パリーグ
1位:阪神/ソフトバンク
2位:広島/日本ハム
2位:巨人/ロッテ
2位:DeNA/西武
5位:ヤクルト/楽天
5位:中日/オリックス

※週刊ポスト増刊2017新春スペシャル