2012年、NPO法人・プライマリヘルスケア研究所が「家族や親しい人の臨終に居合わせなかった経験がある人」を対象にアンケート調査を実施した。その結果、207人中87人、実に42.0%が「虫の知らせ」があったと回答したのだ。

「虫の知らせ」とは、『大辞泉』によれば〈よくないことが起こりそうであると感じること〉。「よくないこと」の最たるものとして、「身近な人が死ぬ予感」という意味で使われることが多い。

 人知の及ばない「何か」が死を知らせるという話は世界中に存在する。中国には「家の中で黒い蝶を見た場合、家族に不幸がある」という言い伝えがあり、メキシコでも黒い蝶が人の死を伝える使者として扱われる。見かけたら死期が近いといわれるもうひとりの自分、「ドッペルゲンガー」も「虫の知らせ」の類といえるだろう。

 19世紀以降、欧米ではこうした「虫の知らせ」を解明すべく研究が盛んに行なわれてきた。1968年のノーベル物理学賞受賞者で、マンハッタン計画で原爆開発に携わったことでも知られるルイス・ウォルター・アルヴァレスも、本気で「虫の知らせ」研究に取り組んだひとりである。信州大学人文学部の菊池聡教授(心理学専攻)が解説する。

「アルヴァレス氏は『ある特定の人物のことを考えた直後にその人が亡くなる』という、いわゆる『虫の知らせ』を1年間に体験する確率は、わずか10万分の3であると算出しました。つまり、たとえ10万年生きたとしても3回しか起こらない稀な出来事ということです。

 しかしこれはあくまで『1人』にとっての話。日本の人口は約1億2000万人ですから、日本人全体で考えれば、毎年約3000件の『虫の知らせ』が起こっていることになる。確率は大変低いけれども、意外と頻繁に観察される事象といえるのです」

 発生のメカニズムについても研究が進んでいる。今のところ解明には至ってないが、現時点で有力とされる説は2つある。ひとつは「人には他人の死を察知する能力がある」というものだ。

「絵画の鑑定士も“この絵画はどこかおかしい。贋作ではないか”と直感で見抜くことができるといいます。このように、『虫の知らせ』は『無意識の中にある情報から違和感を感じ、それを“不吉なもの”として受け取っている』と解釈できます」(前出・菊池氏)

 前出のプライマリヘルスケア研究所の調査でもこんな体験談が報告されている。

「20年以上通っている歯科医院に行ったら、歯科医がいつもと違うように見えて、『亡くなるのでは』と感じた。その2日後に急逝した」

 この人は無意識に過去の歯科医の姿と比較して違和感を覚え、体調の変化を察知したのかもしれない。

 2012年にはノースウエスタン大学のジュリア・モスブリッジ博士が「人間には大事件の予兆を感じる能力がある」という研究成果を報告している。

 被験者をモニターの前に座らせてランダムに恐ろしい映像と普通の映像を流し、脳波や心拍数などを測定した。すると多くの被験者が恐ろしい映像の流れる10秒前に、心拍数の上昇や瞳孔の収縮などの変化を示したという。

 この結果からモスブリッジ博士らは、「超能力ではなく、まだ解明できていない人間の持つ自然の法則によるものだろう」と結論づけている。「虫の知らせ」を感じるのも、こうした人間の「感じる能力」によるものかもしれない。

※週刊ポスト2016年9月30日号