9月は5月病のようにメンタルの変調を来す時期という。秋から冬にかけての「季節性うつ病」と呼ばれる症状もある。うつの人とどう関係を結べばいいのか。コラムニストのオハダカズユキ氏が体験的に語る。

 * * *
「5月病」は広く知られているが、同じような内容を意味する「9月病」という言い方もある。夏の体力消耗、季節の変わり面の身体的ストレス、職場環境の変化の疲れなどで、メンタル不調が起こりやすい時期なのだ。

 秋から冬にかけて、気分が落ちこみ、どうにもこうにもならなくなる「季節性うつ病」と呼ばれる症状もある。涼しくなって過ごしやすくなるのは元気な人で、気温の低下と共にふさぎこんでしまう人もいるわけである。

 コミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』の出版が2006年、映画化が2011年。行政の後押しもあり、およそこの10年、20年でずいぶんと啓発活動が進み、うつ病への偏見が減り、症状の自覚のある人が精神科や心療内科のクリニックを受診しやすくなった。

 クリニックに関しては、あまりにも急激にその敷居が低くなって、安易に受診する人も増えたことから、「精神科バブル」を指摘する医療関係者も少なくないほどだ。

 だが、そのいっぽうで、実際に身近な人がうつ病と診断されたり、疾患が危惧されたりした場合、はたして当人と周囲がうまく関係をつくれているかというと、まだまだなのが現状だと思う。

 たとえば、「うつ病の人に、頑張れ、と言ってはいけない」という件。

 この“常識”は、「うつ病は心の風邪」という喩えと同じくらい万人の知るところとなっている。しかし、「うつ病は心の風邪」が「風邪くらいなら簡単に治るだろう」という誤解も生んでしまったように、「頑張れ、と言ってはいけない」のほうにもけっこう弊害がある。

 うつ病患者は基本的に、仕事や人間関係の困難に対して頑張り抜いた結果、疲弊してしまって、身体が言うことをきかなくなっている。そんな「頑張りすぎで病気になった人」に、「頑張れ、頑張れ」と励ますことが問題なのは言うまでもない。

 ただ、「頑張れ、と言ってはいけない」の常識化で、職場などにうつ病患者やうつ病っぽい人が出た際に、当人とどう接していいのか周囲がわからなくなって、結果的にその人をみんなで遠ざけてしまう事態がよく起きている。

 決して悪意で遠ざけているわけではないのだが、メンタル不調でもどうにかこうにかやっている当人からしたら、「やっぱり自分がダメだから、みんなに迷惑をかけてしまっているんだ……」と自責のもとになりやすい。うつ病などメンタル疾患の当人の多くは、「誰もわかってくれない」という孤独を抱え苦しんでいる。まわりが「頑張れとも言えないし」と腫物を扱うように距離をとると、孤独アンテナがその空気を過剰にキャッチして、さらなる苦しみに追い込んでしまいかねない。

 いや、最近の特に若者は、メンタル不調を自分のせいではなく、他人のせいにするらしいじゃないか、という反論があるかもしれない。たしかに一時期、社会問題として流行ったいわゆる「新型うつ病」は、自責をこじらせるのではなく、他責思考を強め、自分のメンタルの調子が悪いのは会社がブラックだからだとばかりに、診断書を片手に休職を繰り返すなどする人が急増している、ということだった。

 その実態や原因については、専門家によっても見方がバラバラで、そもそも「新型うつ病」はマスコミが作り出した非医学用語だからか、国内で行われた信頼できそうな疫学調査もいまだに私は探せない。

 だが、複数の精神科臨床医にあたっていくと、いまでも深刻なのは自責傾向の強い旧来型のうつ病のほうで、患者数もそちらのほうがずっと多い、との声ばかりだ。若者も含め、今でも不調を自分のせいと考え、落ちこぼれの孤独の穴のようなところに入ってしまう、そういう昔ながらのタイプが問題の主流なのだそうだ。

 では、そうして心の調子を崩している同僚や仲間、あるいは家族に対し、周囲の者はどう接すればいいのか。?

 そこでしばしば登場するのが、「受容」「傾聴」「共感」の3セットである。相手がどんな状態であろうが存在そのものを全肯定する「受容」、相手が理解しがたい何を言おうがとにかくその声に耳を傾ける「傾聴」、そしてその気持ちがどんな内容であろうが相手を評価せずにただ感じることに専念する「共感」が、調子を崩した人とのコミュニケーションの基本だというわけだ。

 だが、この“正論”を聞くたびに、正直、言葉の空回り感を覚える。「受容」「傾聴」「共感」は、欧米のカウンセリング理論由来のもので、あくまで精神科領域に関わるプロの技術の一部なのだ。使いこなすには、相応の訓練を要する。それを素人に求めてもなあ、と思うのである。

 メンタル不調の人と言っても、当然のことながら、いろんな性格の人がいる。不調かどうか関係なく相性があわないことも普通にあるし、さらに調子を崩しているからとにかくネガティブで、「受容」「傾聴」「共感」をやっていたらこっちのメンタルがまいっちゃうよ、というケースも実際は多い。

 プロが仕事モードでするぶんにはいいが、職場が一緒だからというだけでそこまでつき合ってらんないね、となりやすいし、その程度には他人は他人のことを思いやれないものなのである。

 もちろん、うつ病ならうつ病のメカニズムなど、そのイロハを知っておくだけでも、本人をいたずらに追い込むような言動を取らないよう、気をつける姿勢をつくることはできる。職場単位、会社単位でイロハを共有することは、その組織全体のタフネス増進につながるだろう。

 基礎知識は必要なのだ。だけれども、それが即、本人支援につながるというほど簡単なものではない、という自覚も不可欠なのだ。

 私個人は、相手を否定しないという意味での「受容」、愚痴をふんふんと聞く程度の「傾聴」ならば、嫌いなやつでなければ、メンタル不調の人に対して心がけたいと思っている。でも、「共感」はムリだ。病気であるなしに関係なく、他人の気持ちを自分の中で感じることなんて、そうそう滅多にできるもんじゃない。必要だからやれと言われても、やったらそれは自分にとって偽善行為になるのである。

「我ながら嘘っぽいなあ」と感じながら相手に寄り添うなどしたら、相手のアンテナは容易に私の偽善ぶりをキャッチし、余計、孤独を深めるだろう。

 そんなことはしたくない。そうじゃなく、相手がメンタル不調になる前と、できるだけ同じように接したい。弱っているのだから、前よりも少しの気くばりをしながら。

 その気くばりの仕方はケースバイケース、相手によりけりなのだが、以上は、メンタル不調で「うつ病」の診断を精神科クリニックで貰ったことのある私としての思いでもある。病人視して遠ざけないで、私個人として見てほしい、ただしちょっと優しくね。という、言葉にすると若干気持ち悪いのだが、自分の調子が悪かったときにそうしてもらいたかった願望である。