妻(夫)と生き別れて寂しいからとペットを飼い始める高齢者も多いが、ペット飼い主の高齢化がもたらすトラブルが相次いでいる──。動物保護愛好家の成田司氏がいう。

「加齢のために“人間側の嗅覚”が鈍ってしまう人が少なくない。ペットの排泄に気付かずに放置してしまい、近隣住民とモメてしまったケースがあります。また、80代で認知症になった男性は飼い犬に八つ当たりをするようになってしまった。棒で叩くなどの虐待行為を繰り返し、発見された時は傷だらけの状態でした。それでも健気に耐えて、保護されたときも飼い主を守るように寄り添っていたそうです」

 飼い主が介護施設に入ることになった場合も、ペットを飼い続けることは難しくなる。

「日本の場合、有料老人ホームのほとんどがペット不可。入居の際にペットを殺処分される方が多いのが現実です」(保健所職員)

 家族に影響を与えるケースもある。飼い主がペットより先に亡くなれば、遺族の“争続”トラブルにもなりかねない。昨年、母を亡くし、兄弟2人で遺産相続手続きをした40代男性が、ため息まじりにこう話す。

「不動産やお金などの相続の話し合いは円満に済ませることができました。ところが、実家の老犬の引き取りを巡って兄弟で大喧嘩になってしまったんです。

 当然、実家を相続することになった兄が犬を引き取ってくれると思っていたら、兄が“飼えないから殺処分にする”と言い出した。私はペット禁止のマンション住まいなので飼いたくても飼えず、泣く泣く認めるしかありませんでしたが、両親がとても可愛がっていた犬だったので……」

“遺す立場”として、これでは子供にもペットにも心苦しい。

「金銭的負担」も大きな問題だ。ペット専門の保険会社・アニコム損害保険の調査(2012年)によれば、飼養にかかる平均費用は犬が年間34万円、猫は年間18万円。年金暮らしの高齢者にとっては非常に重い金額だ。

『こんな動物のお医者さんにかかりたい! 信頼できる動物病院の見つけ方つきあい方』の著書がある獣医師の似内惠子氏が解説する。

「一番大変なのはペットが病気になった時です。人間のような健康保険は基本的にないので、動物病院に支払う医療費は高額になりやすい。大きな病気の時には数十万円の出費も覚悟しておく必要があります。高齢者がペットの医療費を工面できず、病気で苦しむペットをそのまま放置して死なせるしかなかったという話も珍しくありません」

 ある70代女性は愛犬と辛すぎる別れを経験した。

「元気がなく、時折便に血が混じるようになったので、動物病院で検査を受けたところ、大腸にがんが見つかりました。しかし、手術を受けるとなると40万円近いお金がかかる。年金暮らしで貯金もほとんどない私に支払える額ではありません。痛み止めの薬をもらい、家で看取りましたが、本当に可哀相なことをした」

 逆に飼い主が病気などの理由で飼うのが困難になった時には、「老犬ホーム」に預けるという手がある。熊本の老犬ホーム「トップ」の緒方心代表がいう。

「最近は、飼い主の方が老人ホームに入られる際にいらっしゃるケースが多いですね。飼い続けたいのに、自分の身体がついていかなくて泣く泣く預けられる方ばかりです」

 また、飼い主が先に逝った時に備えて「飼育費用預託金」を支払うことで、飼い主の死後、NPOメンバーや獣医らがペットの世話をしてくれる「ペット信託」もあるが、「制度が確立していないため、まだ信頼してお金とペットの命を預けられる保護団体は少ない」(前出・成田氏)のが現状だ。

※週刊ポスト2016年10月7日号