「鋏鍛冶も親方も、親方が作る鋏も日本の宝。後世に残さなければいけない伝統技術です」

 橙色の火の粉が舞う炉。昔ながらの手法で空気を送り込み、1000℃に達する松炭の中から取り出した黄金色に輝く鋼に金づちを振り落とす。親方の作業の動きをイメージしながら、鋏の刃の形を調整していく。

 打ち刃物で有名な大阪・堺市。日本でただ一人の「鋏の伝統工芸士」(国指定)である鋏鍛冶「佐助」5代目・平川康弘氏の元に、フランス人のエリック・シュバリエさん(27)が弟子入りしたのは不思議な巡り合わせだった。

「高校時代に耳にしたJ-POPで日本語の響きに興味を持ち、パリの大学では日本語を専攻したんです。日本で生活したいと思うようになり、卒業前の2012年1月に日本に来ました。その直後、日本の友人からある書類の翻訳を頼まれたのです」

 その書類は、今の親方・平川氏がフランスで開く個展のためのものだった。翻訳の参考にしたいと平川氏の作業場を見学に訪れたエリックさんは、その卓越した技と火の力で生み出される鋏に惚れ込み、同年7月に弟子となった。

「魂が揺さぶられたのは、曽祖父が馬の蹄鉄を作る鍛冶職人だったルーツも関係しているかもしれませんね。親方が作る鋏は美しくて切れ味も鋭く、今も使うたびに感動します」と語る。

 佐助の鋏は、植木鋏や盆栽鋏、花鋏など多くの種類がある。象嵌(ぞうがん)や漆塗りなどで装飾する鋏の場合、完成まで100を超える工程を経るそうだ。一人前になるには10〜15年はかかるとされ、修業の道のりは長い。平川氏は、鍛錬に励む愛弟子を優しい目で見守る。「エリックはよく勉強しています。堺の鋏鍛冶の伝統を受け継ぎ、世界中に伝えてもらえたらうれしいですね」

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年10月7日号