2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載 「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、『大日経』の「方便を究竟(くきょう)と為す」という言葉の解釈を紹介する。

 * * *
 暑さ寒さも彼岸までといいます。奏効率の低い抗癌剤でしたが私の場合は効いたので、半年ほど命が延びました。それで、春にこの連載をお引き受けしました。すでに秋彼岸です。もう着ることは無いと思っていた冬物の衣服をクリーニングする必要が出てきました。

 彼岸会は日本独自の仏教行事で、大同元年(806)に桓武天皇によって始められました。春分と秋分の前後7日間に全国の国分寺で金剛般若経を読誦したのです。この経に説かれている「筏の譬喩」から「お彼岸」と呼ばれるようになりました。筏の譬喩に関しては何度も書いているので、普門院診療所のHPにも掲載している既刊の連載記事(fumon.jp)を参照して頂ければ幸いです。

 彼岸会が、春分・秋分のときに執り行なわれるのは、観無量寿経(大乗仏教の経典の一つ)に説かれている阿闍世王の物語に由来します。桓武天皇が流刑にした実弟の早良親王は無実を訴えて断食し、餓死しました。桓武天皇は、諫言によって親族を餓死させたという、阿闍世王と共通の苦悩をもったのです。

 その苦悩の治療として観無量寿経は西に沈む夕日に精神を集中するヨーガ「日想観」を説いています。それで太陽が真西に沈む春分・秋分の日が選ばれたのです。

 桓武天皇の時代に用いられていた暦は大衍暦(たいえんれき)です。日食の予報を正確に行なえるよう唐の玄宗皇帝から命じられて、天文学者の一行が大規模な子午線測量と天体観測を行なって作った暦です。この時の測量で地球の大きさも計算されています。一行は師の善無畏と共に『大日経(大毘盧舍那神変加持経)』を漢訳しました。大日(毘盧舍那)は太陽の別名です。

 大日経の本文は、「仏陀の諸々の知恵は、何を因とし、何を根とし、何を究竟(究極の目的)とするのか」という質問で始まります。ここで「因・根・究竟」は植物の「種・根・果実」に喩えられます。

 仏陀は「菩提心を因と為し、悲を根本と為し、方便を究竟と為す」と答えました。「菩提」と「仏陀」は、それぞれ「覚醒」と「覚醒した人」を意味する梵語(サンスクリット語)の音写語です。

 彼岸に於いて筏を捨てるが如く、「我」という執着を完全に捨てた仏陀の心を種として、他人の苦悩を傾聴して共感し、受容する「悲」(慈悲というときの「悲」で、他者の苦を抜くという意味)を根拠として、方便を究竟と為す。方便は「方法便宜」の意味で、実際に「苦を抜く」行為のことですが、もとの梵語はウパーヤで「近づく」という意味です。

 世界保健機関による緩和ケアの定義は「死ぬ病で苦しむ人のQOL(生存の質的内容)を高めるアプローチ」です。ここでも方法便宜という意味で「アプローチ」(近づく)という言葉が用いられています。一行の孫弟子の空海によって伝えられた大日経は、日本人の生き方の理想となりました。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。 1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。2014年10月に最も進んだステージのすい臓 がんが発見され、余命数か月と自覚している。

※週刊ポスト2016年10月7日号