「焼きそば」について新しい作り方が広まっている。超簡単で洗いモノがほとんどでないというその作り方とは。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *
 先日日経新聞を読んでいて興味深い記事を見つけた。9月24日付けの「トレンドサーチ」という流行り物を紹介する不定期連載の記事で、「焼きそばイメチェン」と題して、都内にできた焼きそば店の流行について紹介していた。私は月に3、4回は焼きそばを作るくらい好きなのでその記事をふむふむと読んでいて、最後のところで「ほう」となった。

《家庭でもクッキングシートで麺や具材を包んで電子レンジで調理する「ペーパー焼きそば」(中略)といったレシピを楽しむ人が増えている》

 えっ電子レンジなんかで焼きそばができるの? なにそれ美味しいの?

 家で焼きそばを作るときにいつも不満なのが、麺をほぐすために水を加えるため、べちょっとしてしまうことだった。ジャーナリストの佐々木俊尚氏が紹介していた加水しないでフライパンで麺をじっくり焼く方法も試した。麺がぱりぱりしてこれはこれで美味しいのだが、お店で食べるようなもっちり感は当然無い。お店とは麺からして違うのだから当然なのだが、私は「焼きそばの壁」にぶち当たっていた。

 でクッキングシートのメーカーのHPを見ると、ちゃんとクッキングシートを使った焼きそばのレシピを公開していた。さっそくレシピを公開している2社のクッキングシートを購入してきて、焼きそばを作ってみることにた。気分は「とと姉ちゃん」の商品検査である。

 作り方は後ほどもう少し詳しく説明するが、基本はシートの上に切った具材と麺を乗せて、粉ソースを振りかけ、それをキャンディーの包み紙のように丸めるだけである。それを電子レンジに放り込んでチン。4分後に包みを開けてかき回して、麺を頬張った。

 憤りを感じた。自分が必死こいてフライパンで炒めていた焼きそばはなんだったのかと思うくらいに美味い。麺はべちゃつかずにもっちりしているし、野菜も今まで油で炒めてソースでまとめるとみんな同じになっていたのが、キャベツはキャベツ、アスパラはアスパラの味がして美味い。

 なんでこんなに美味しくできてしまうのか、メーカーに取材した。

『クックパー クッキングシート』を作っている旭化成ホームプロダクツ株式会社の担当者によると、

「当社の製品はシリコーン樹脂加工高密度耐油紙と言われる紙で、熱に強く油や汁を通しませんが、蒸気を適度に通すのが特徴です。それで食材を包んで電子レンジ加熱してもべちゃつかずにふっくら蒸し上がるのです」(広報担当者)

 ようはカップ焼きそばと同じ原理なのだが、蒸気を適度に逃す分だけ、べちゃつかないことになる。

 同社は2000年ごろにこのレシピを開発していたそうだが、「火を使って料理したくない夏に人気のレシピ」という。

『リード クッキングシート』を作っているライオン株式会社でも、

「最近はネットで『お一人さま料理』として紹介されることが出てきました」

 という。

 面白いことに両社とも、社内でファンを獲得していることである。

「当社の単身赴任の男性営業課長がクックパー包みの豚キムチやきそばにはまって、男性部下に勧めたのをきっかけに、一時期その営業所で人気になっていました」(旭化成ホームプロダクツ)

「担当者は、市販の焼きそばなどでよく作るそうです。カット野菜と蒸し麺を一緒につつんで3〜4分ぐらい加熱して、粉末のソースをからめて食べると、フライパンも使いませんし、お皿も汚れないので後片付けが簡単だそうです」(ライオン)

 そうそう。このレシピは料理下手な不器用な中年男性でも作れるし、シートのまま食べれば油汚れの洗いモノがでないのも助かるのだ。

 詳しい作り方は両社のHPで確認してほしいが、私から「不器用な中年男が作るときのコツ」をお伝えする。

・具材は欲張ってたくさん入れない。最後にシートに包めなくなるから。私はウインナー3本、キャベツ、タマネギ、アスパラガス1本を入れたら包むのに苦労した。

・麺はできるだけほぐしておく。冷蔵庫から出してすぐだとなかなかほぐしづらいので、野菜を切る前に冷蔵庫から出しておく。野菜を切ってから、袋の中に入ったままで麺を手でほぐす。麺のほぐれ具合のみがこのレシピのポイントだと感じた。

・加熱しやすいように具材はできるだけ細かく切る。ウインナーは斜め切りにし、アスパラも細いものを使う。

・シートで包むときにちょっとぐらい隙間が空いていても気にしない。

 蒸し野菜料理の感覚で具材をいろいろ試してみるのも面白い。加熱時間は4分から5分、シートを乗せた耐熱皿がかなり熱くなっているので、そこだけは要注意されたい。

 ネットでは「合わせ調味料を使った料理は手抜きか」論争がしばしば繰り返される。この「ペーパー焼きそば」も手抜きと言われるかもしれない。そもそも焼いてないし。「エア焼きそば」だ。

 でもさあ、必死になって取り組んだ仕事よりも、さっさと気軽に済ませた仕事の方が評価が高いってことあるよなあ。人生だって……などど焼きそば食べながら考えてしまった。