大きな反響をよんだ40代独身女性の本音に迫るこのシリーズも、今回で最終回を迎える。生涯未婚率が高まる中、平成22年度の国勢調査結果によると、40代独身女性でその後の10年間に結婚した人は、たったの「1%弱」。一方で、いま40代の独身女性の30%強が、「結婚願望がある」と答えている(※)。40代独身女性は結婚を、したくなかったのか、できなかったのか、これからするのか。理想と現実のはざまに揺れる女たちのそれぞれの事情。第5回は、いまだ恋愛を謳歌する「彩子の場合」を届けする。(※明治安田生活福祉研究所「20〜40代の恋愛と結婚」より)

* * *
■40歳、埼玉県出身、埼玉県在住、アパレル勤務、彩子の場合

「このシリーズを読ませてもらって、みんな色々あるんだなぁと思いました。同棲相手にフラれたり、親が倒れたり、愛人が病気になったり……。40過ぎて独身であるからには、“何かある”、ってことなんですかねぇ。でも、残念ながら、私には、何にもないんですよ(笑)」

 ハイブランドの販売員として働く彩子とは、新宿三丁目のワインバーで待ち合わせをした。飲食店がひしめく飲み屋街の活気の中にあって、彩子は実年齢より若く見える。まず、彩子が発した「何もない」が気になった。どういうことか? 

「結婚願望はあるんです、私も結婚、したいんですけど、できないのは、メンクイだから……と、友人には言われます。自分でも認めざるをえないですね。だから、何かアクシデントがあったとかではないんですよ。ただ、いわゆるイケメンが好きというよりは、自分の好みの顔と雰囲気があって、そうじゃない人とは恋愛できない、っていうだけなんですけどね。反対にいえば、カッコよければ誰でもいい、ってわけじゃないんです。たとえばキムタクとか福山雅治は好みじゃない」

 そんな彩子の好みは、V6の三宅健だという。

「ちょっと古いかな(笑)。テレビをあまり見ないから、今の俳優さんで言うと誰かがわからなくて。ああいう、可愛い系が好みなんですよ。あ、これ重要なんですけど、顔だけじゃなくて、服装とか身体つきを入れた全体の雰囲気が重要。三宅君の顔でも、デブでは、ダメなんです。私の恋愛遍歴を知る友人には、『彩子はぶれない』って言われます。過去の男は、みんな外見が似ているから」

 ということはつまり、三宅健似の男と付き合ってきたということか。ではなぜ結婚に至らなかったのだろうか。

「まず顔で選ぶから、いざ付き合うと、話が全然合わなかったり、他に彼女がいたり、暴力を振るったり……。結婚に行き着く相手には出会えなかったんです。見る目がなかったんでしょうね。だからといって、ときめかない相手とは付き合えなんですよ。朝起きたとき、好みじゃない顔が隣に寝てたら、ぞっとしませんか? そんな私から見たら、収入や学歴で男を選べる人が羨ましい。カッコいい男より、収入の高い男の方が、世の中には多い気がするから」

 とはいえ、話が合わないことを気にするということは、やはり、顔だけでは選んでないわけか。

「うーん、程度問題なんですけどねぇ。私も働くから、たくさんの収入はなくてもいいし、趣味がすべて合わなくても、例えば服装は私が何とかするし、普通に会話できればいいんですが……なぜか、極端にダメ男を引き寄せてしまうんですよ。好きになると周りが見えなくなるからかなぁ。あ、私、これまで、自分から告白して付き合ったことしかないんです。いいな、と思ったら、自分から行きます」

 ファッションが大好きで、転職を経験しながらもアパレル業界で長年働いてきた彩子。仕事柄、オシャレには気を使い、美容にお金もかけてきた。そのため、就職してからはずっと実家暮らしだが、その見返りは少なからずあって、30代後半に見られることは多いと言う。はっとさせるような美人ではないが、石田ゆり子似の、しっとりした知的な印象の大人の女性。しかし、実は肉食系。

 テレビなどで、外見が草食系で、中身が肉食系の男子に対して、「ロールキャベツ男子」という言葉が使われることがあった。彩子はその女子版。メンクイ、ハンター、ロールキャベツ、それが彩子だ。

 現在、彼氏はいないが、気になる人がいるという。飲み屋で知り合った36歳。仕事を辞めて求職中という不安定な身だが、顔はばっちり好みだった。映画が好き、という共通点もある。LINEを交換し、近々、二人で食事に行く予定もとりつけた。40歳にしていまだ恋愛を謳歌する彩子。彼女は本当に結婚をしたいのか?

「子供がほしんですよ、私。一人っ子だし、親に孫を見せてあげたいという気持ちもある。だから、いい加減、現実的にならないといけない歳なんですが……。30代後半になって、顔ではなく、人柄で選ぼうと、方向転換を試みましたが、結局、無理だった。だから今は切り替えて、というか、初心に戻って(笑)、顔がよければ、その他は望んじゃいけないと思っています。働いてなくたっていいんです。ときめく相手に出会って結婚して子供を産めれば、それで」

 20代、彩子の主戦場は合コンだった。30代になると合コンは減り、バーや飲み屋に一人、くり出すようになった。40代、街から独身男はほとんど消え、婚活サイトに登録した。

「最初に写真を見られますからね。ただ、女は年齢で切られるので、なかなか難しいです。30代と40代って、男の反応が全然違う。30代で登録しておけばよかったんですが、今さら言っても遅いですよね……。とにかく、好みだなと思った男性には自分からアクションを起こすようにしていますが、なかなか。

 そして次の関門は、実際に会うと、写真とはちょっと違う、ということ。別人、というほどではないんですが、やっぱりいい写真を載せているだろうし、そうじゃなくても、写真から得る印象と、実際に会ったときの印象って、かなり違うんですよ。まあ、これは女も同じだろうから、お互い様でしょうけどね」

 というわけで、婚活サイトでは苦戦が続く。恋愛と結婚は、近いようで遠く、埋められぬ深い溝が横たわっているのだろう。

「まずは、36歳クンを頑張ります! こんな出会い、滅多にないから!! 友人からは『いい加減、大人になれ』って言われるし、『彩子は本当の愛を知らない』『50過ぎたら、イケメンも何もないよ』って諭されますけど……、大人になるってなんなのでしょうね。結婚すると大人になるのか、大人になると結婚できるのか。いずれにしろ、結婚してみないとわからないからこそ、こんな私でも、一度はしてみたいと思うのかもしれません」