スポーツの秋? 読書の秋? いえいえ「宝くじの秋」でしょう! 1等・前後賞合わせて5億円が当たるオータムジャンボ宝くじが発売中(10月14日まで)。豪華賞金はもちろんのこと、一度に20枚以上購入するともらえる専用はがきで、特製アイマスクやパーカが当たるキャンペーンに応募できる、2度楽しめるジャンボになっている。

 高額当せんのために欠かせないのはやはり開運法。そこでもっぱら「食欲の秋」な宝くじ担当K記者は、食風水に詳しい生田目浩美さんに「秋が旬」の金運食材を聞いてみた。

「旬の食材は栄養豊富なだけでなく、金運も多く蓄えています。この時期は、柿や梨、マスカットなどの果物がおすすめ。大地から吸い上げたパワーと、夏の太陽の光をたくさん浴びてWの運気を持ち合わせているんです。それを食べることで、体にダイレクトに運気を取り込むことができますよ」

 風水の基本的な考え方である『五行』では、自然界のあらゆるものは木・火・土・金・水(もっかどこんすい)の5つに分類できるとされる。

「金運に強いのは、文字通り“金”の食べ物。丸い形をした食材や、金に近い黄色い食べ物、あとは表面にツヤがあったり、辛味のある食べ物も“金”の食材に分類されます。先に挙げた柿や梨、マスカットはぴったり当てはまりますね」

 さらに、ただ食べるだけでは物足りない!という人のために、生田目さんに「最強の開運秋レシピ」を教えてもらった。

●栗とさつまいも入りご飯

「蒸すと黄金色になる栗とさつまいもの夢のコラボです。お米は五行で“土”に分類され、大地を表します。土の中から宝物を掘り起こすように、栗やさつまいもをパクッと食べれば金運ゲット! 金ゴマをサッとひとふりするとパワー倍増です」

●きのこのバターホイル焼き

「きのこはかさが丸く、金と同じ“きん”という読みの菌類。風水では、同じ音のものは同じパワーを持つといわれています。バターを加えることで表面にツヤが出て金運アップ。輪切りにして“円”のパワーを加えたレモンを添えてみてもいいでしょう」

●たっぷり大根おろしのさんま

「この時期いちばん脂ののった、秋の味覚の代表格のさんま。広い海を元気に泳ぎ回ってきたさんまには、海の持つエネルギーが集約されています。漢字では秋刀魚と書きますが、金属でできた“刀”という漢字が含まれているので、“金”のパワーも充分。食べるときには大根おろしを添えれば、辛味がさらに運気を引き出してくれますよ」

 秋の開運食材でお腹を満たしたら、宝くじ売り場へGO!

※女性セブン2016年10月13日号