乾燥対策はしたいけれど、部屋に大きな加湿器を置くのは嫌だという人も多い。そんな中、人気を集めているのは、デザインに凝っていたり、手のひらサイズで持ち運べたりとおしゃれで置きやすい加湿器だ。

◆水瓶をモチーフにしたスチーム式加湿器

 水瓶のような形状がユニークなのはプラスマイナスゼロの『スチーム式加湿器 Z210』。スチーム式は電気の力で水を沸騰させ、発生した水蒸気を部屋に噴霧する方式だ。電気代がややかかるのと、吹き出し口が蒸気で熱くなるため注意が必要というデメリットもあるが、加湿のパワーはとても高い。『Z210』は洋室約10畳まで対応する。

 操作ボタンを1つにすることで使いやすさもおさえている。ボタンを押すたびに標準→長時間→切の順でモードが切り替わる仕組みだ。

 水タンクの容量は約2リットル。標準モードで約5.7時間、長時間モードで約20時間の連続運転ができる。こまめな給水が必要ないのは楽だ。

 また、吹き出し口上部に付属のアロマポットを装着すれば、アロマディフューザーとしても活用できる。エッセンシャルオイルは市販のものが使えるので、加湿をしながら自分好みの香りを楽しめる。来客を香りでもてなしたい時にもいいだろう。

◆旅先にも持ち運べるコンパクト加湿器

 コンパクトさにこだわったのが、カドーの『MH-C11U』。女性が片手で楽々と持てるサイズだが、運転モードを弱(15ml/h)、強(20ml/h)、連続(100ml/h、3分後に強へ自動で切り替わる)の3つで設定できる高機能。こちらも操作ボタンは1つだけで、押すたびにモードが切り替わる。

 リチウムイオンバッテリー内蔵の充電式なので、コードレスで使用できる。約4時間の満充電で、最大約15時間の連続運転が可能。電源が取りにくいベッドサイドに置いたり、旅行の際に携帯して、飛行機や新幹線、ホテルで使うのもいいだろう。また、カーソケットが付属するので、車の中でも利用できる。

 付属の除菌・消臭剤『ピーズガード』を使用すると、除菌消臭器へ早変わりするのも魅力。加湿と除菌消臭を同時に行えるので風邪対策にもひと役買ってくれる。『ピーズガード』はウイルスの除菌やにおいの分解のほか、花粉やカビ菌にも効果が期待できるという。

 最近では、春の花粉や夏の冷房による乾燥の対策に、通年で加湿器を活用する家庭も多い。一年中出しておけるデザインは購入の大きなポイントになる。

※女性セブン2017年1月26日号