Twitterは、ツイートの140文字制限緩和について、正式に対応したことを発表した。

 今後については、ツイートに含まれる返信の際のユーザー名や画像、動画、GIF、投票、引用について、文字数としてカウントされなくなる。

 140文字制限の緩和および撤廃については、これまでも何度か議論の対象となってきたが、今年5月、ついに公式ブログ上で、緩和を表明。それから約4ヶ月後、ついに実現された。