日本空港ビルデングは20日、「Haneda Robotics Lab」を設置し、羽田空港でロボット製品の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の第1期参加事業者の公募を開始した。

 「Haneda Robotics Lab」の開設は、政府が進める「改革 2020」プロジェクトの実現に向けた取り組みの一つとして、同社が国土交通省および経済産業省と連携して実施するもの。

 ロボット開発者にユーザテストの機会を提供し、羽田空港を最先端ロボットの活躍の場とすることで、対外的に日本の先端技術をアピールすることも目的としている。

 今回募集するカテゴリーは「案内ロボット」「移動支援ロボット」「清掃ロボット」の3点となる。公募の募集期間は9月20日から10月13日までで、実施期間は11月初旬から2017年1月末まで。実証実験場所は、羽田空港国内線第2旅客ターミナル南側出発ロビーを予定している。

 羽田空港では、これまでにも様々なロボット技術の導入や実証試験してきており、CYBERDYNEのロボットスーツ HALR作業支援用(腰タイプ)は、2015年9月よりさまざまな作業補助に活用している。