The Walt Disney Company(以下、Disney)およびMicrosoftが、ソーシャルネットワーキングサービス大手Twitterの買収を検討していると、Bloombergをはじめとした複数の海外メディアが報じている。

 ここ数年、経営に苦しむTwitterは、かねてから身売りの可能性を指摘されてきたが、ここ数日、その報道はさらに加熱している。一部では、Google(Alphabet)やSalesforceとの交渉についても噂されてきたが、ここにきてDisneyの名も浮上した格好だ。

 すでにDisneyは、Twitterの買収に向けて金融アドバイザーをつけ、検討を進めているとされ、Twitterについても、ゴールドマンサックスを起用して、交渉に応じているとされている。

 これらは、現時点であくまで非公式な協議だが、一部ではその買収規模について数兆円になるのではないかという観測もある。