日産自動車は27日、自動運転技術「プロパイロット」を活用した「プロパイロットチェア」を公開した。

 「プロパイロット」は、同社が8月24日に発売した新型セレナに搭載された自動運転技術。高速道路などの自動車専用道路の同一車線において、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御し、自動車が車線中央を走行するよう、ステアリング操作を支援してくれる。公開された「プロパイロットチェア」は「プロパイロット」機能をユーザーに分かりやすく伝える目的で製作された。

 「プロパイロットチェア」に座ると、前のイスとの距離を一定に保ちつつ、進行する。日産は導入店舗を募集しており、12月27日17時までの期間、SNS(Twitter、Facebook、Instagram)のアカウントから、「 #NissanProPilotChair #Wanted 」 とハッシュタグを付けて、店舗情報がわかるサイトのURL等の必要事項を記載のうえ投稿すると、無償貸与の抽選に参加することができる。気になる店舗オーナーは、この機会に最先端技術の利用を検討してみてはいかがだろうか。