子どもやペットに留守番をさせていると、仕事中にふと留守宅の様子が気になることがある。そんなとき、いつでも手元のスマートフォンで部屋の映像を確認できたら……。そんな不安を払拭するサービスとして、IoTベンチャー企業、ブイログが「VLOG CAM」をリリースしている。

 VLOG CAMは、視野角140度の400万画素カメラを搭載した製品。フルHD画質で映像を録画できる。音、明るさの変化を検知した場合、何が起こったのかリアルタイムで解析を行い、その結果をスマホに通知できる。ナイトビジョン機能も搭載。暗所でも録画できる。マイク搭載により部屋の音も録音できるほか、スピーカー搭載により音声コミュニケーションにも対応している。

 付帯サービスとして、いつでもビデオログを確認できる「ベーシックプラン」と、さらに7日分の動画をフルタイムで録画する「フルレコ7プラン」の2種類のプランを用意している。

 VLOG CAMはIoTデバイス連携機能を搭載しており、今後連携できる機器が増えていく。その第1弾として「bPoint COMFORT」が用意された。多彩なセンサーと学習リモコン機能を搭載した製品で、部屋の温湿度、空気の状態を可視化し、自動的に調整が可能。部屋を快適な状態に保ち、冬の寒い時期は風邪の予防、夏の暑い時期には熱中症を防ぐ。

 現在、公式オンラインストアでは、グッドデザイン賞の受賞を記念し、VLOG CAMとCOMFORTのセットを10月末まで、19,980円(税込)で販売している。

 また想定する利用シーンとして、例えば動き、音、明るさの変化を検知できるので、子どもやペットのイタズラもすぐに確認、トーク機能で注意できる。また、あらかじめ設定したアラーム音(ワンワン、バキュンなど)で遊んであげることも可能。子どもやペットのかわいい写真、ビデオはVLOGサービスに保存しているので、家族や友達にSNSで簡単にシェアできる。

 冬の寒い時期、または夏の暑い時期は、帰宅してからもしばらくは部屋の中で凍えたり、汗だくになってしまうもの。VLOG CAM+bPoint COMFORTなら、外出先からエアコンをオン、オフできるだけでなく、きちんと動作しているか映像と温湿度の表示で確認することができる。好みの温度を設定しておくと、エアコンを自動的にコントロールして室温を一定に保つため、ペットの熱中症を防ぐ。

 bPoint COMFORTは単三電池2本だけで動くので、部屋のどこにでも設置できる。家事をしている時、別室で寝ている乳幼児の側に置いておけば、エアコンを適温に調整することができる。