Amazonは現地時間12日、定額制音楽ストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」を米国でスタートした。月額料金は、非プライム会員が月額9.99ドル(約1,000円)、プライム会員はマルチデバイス対応で月額7.99ドル(約800円)、「Amazon Echo」のみで楽しむ場合は月額3.99ドル(約400円)6人までのシェアに対応するファミリープランは月額14.99ドル(約1,500円)。プライム会員向け、ファミリープラン向けには年額プランも存在し、それぞれ79.99ドル(約8,000円)、149ドル(約14,900円)となっている(※ファミリー向けプランは今年中に開始予定)。

 「Amazon Echo」に対応していることからも分かる通り、パーソナルアシスタント「Alexa」との連携が最大の特徴。「〜の最新曲をかけて」「90年代で最も人気のロックソングをかけて」「何か曲をかけて」などといった、やや抽象的なリクエストにも対応してくれる。

 同社は、すでにプライム会員向けの音楽聴き放題サービス「Prime Music」を展開しているが、同サービスが今後どうなるかについては言及されていない。「Amazon Music Unlimited」の配信曲数は約1,000万曲で、「Prime Music」の曲数は100万曲〜となっていることから、一応の差別化はできているが、注目すべき点になりそうだ。