ソフトバンクグループは14日、サウジアラビアのパブリック・インベストメント・ファンドと共同で、グローバルにテクノロジー分野へ出資することを目的に、新会社「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を設立すると発表した。

 すでに、同ファンドへの出資を目的として、複数のグローバルな大手投資家たちと協議中であることを明かしており、その規模は最大で1,000億米ドル(約10兆円) 規模となる可能性があるとしている(ソフトバンクグループは、今後5年間で、少なくとも約2.6兆円を出資予定)。

 ソフトバンクグループの代表取締役社長である孫正義氏は、出資先のテクノロジー企業の発展に寄与することで、情報革命をさらに加速させていきたいと話している。