2015年5月20日よりNTTタウンページの別冊として発行を始めた防災情報誌「防災タウンページ」。

 年々、発行地域が増えているが、このたび、NTTタウンページは千葉県千葉市、長野県伊那市、長崎県長崎市の3市と相次いで「防災啓発情報等の発信に関する協定」を締結し、17日〜19日にかけて各市と締結式を行う。この協定により、上記3市において「防災タウンページ」を制作する。

 なお、本協定は市民一人ひとりの防災意識を高め、日頃から災害に対する備えを推進することにより、地域防災力の強化を図ることを目的としたもの。

 制作される別冊「防災タウンページ」には、各市と相互協力して避難所マップ等の防災関連情報をまとめていたり、「タウンページ」本誌の中に「防災特集」を掲載して市内の家庭・事業所に配達する。またWebでも各市の「防災タウンページ」を公開する。

 NTTタウンページは日本全国の多くの自治体とこうした協定を締結しており、各地域の「防災タウンページ」を作成している。

【関連記事】
【地域防災の取り組み】長野県塩尻市版の「防災タウンページ」が登場

防災タウンページの「東京23区版」、アプリ化で無償提供へ!