富士通は17日、日本国内で販売された、同社製スマートフォン・タブレット用の一部のACアダプタにおいて、製造不良の可能性があるため、無償で交換対応を実施すると発表した。

 同社によれば、不良品はプラグ部分とアダプタ本体との間に段差が生じていることが原因で、プラグ部分(差し込み部分)が外れて電源コンセントに残り、感電の原因となる可能性がある。

 対象製品は、2014年10月から2016年8月に製造されたもので、以下のスマートフォンやタブレットに付属していたもの。

・スマートフォン
arrows M03、arrows M02、arrows RM02、ARROWS M01、ARROWS M305、ARROWS M305/KA4

・タブレット
arrows Tab M01T、ARROWS Tab M555/KA4

 ACアダプタの型名は、FMV-AC346。販売台数は、約30万台に及ぶので、一度製品裏面を確認した方がよいだろう。なお、現時点でプラグ部分の脱落事象は計5件報告されているという。対象製品の交換は、特設のウェブフォームから行うことができる。