Appleが、現地時間27日にスペシャルイベントを開催し、新型Macを発表する可能性が高いと、米メディアRe/Codeが報じている。

 同様の噂については以前から報じられているが、9月にmacOS Sierraが登場したことからも、新OSの能力をいかんなく発揮できるような新機種が登場する公算は高く、また、来るホリデーシーズン向けの新製品としても、大きな意味を持つだろう。

 現時点では、あくまで“新型Mac”とだけ報じられているように、どの機種が刷新されるのかは明らかでないが、最も可能性が高いのはMacBook Proだ。カスタマイズが可能なOLEDタッチスクリーンなどを新たに搭載したモデルが登場するのではないかと、以前から海外複数ソースが伝えている。

 なお、同メディアによれば現地時間27日に行われるであろうスペシャルイベントは、iPhone 7シリーズなどを発表したサンフランシスコの会場ではなく、本社に近いクパチーノの会場で実施するのではないかとしている。

 仮に今回の噂が事実であれば、この2日前にあたる同25日にAppleが決算発表を、同26日にMicrosoftがWindows 10ハードウェアの発表イベントを、そして翌日に新型Macが登場することとなり、ガジェット好きにとっては忙しい1週間になりそうだ。

 なお、Appleは一連の報道に対して、コメントを拒否したとのこと。