秋といえばホクホク美味しくて、自然の甘味のある栗から目が離せませんね。
ただし、旬の栗の味覚を味わうには、固い鬼皮、渋皮が待ち構えています。これらを剥いて保存するというひと手間が栗には不可欠。

その手間を簡単にするコツを大公開!これで、栗の下処理は怖いものなし!

【美味しい栗の選び方】

表面の鬼皮に固く張りと艶、ふっくらと丸みがあり、ずっしりと重みのあるものを選びましょう。
小さな穴やキズ、また、キズが黒ずんでいるものはNGです。小さな穴は中に虫が入っている可能性大!

【栗の保存方法】

?性質の似ている栗とさつま芋
栗はさつま芋と同様、収穫後3〜4日置くとデンプンが糖に変わり甘味が増します。ポリ袋に入れ冷蔵庫に保存すれば、乾燥や虫食いの心配もなく1週間程度は大丈夫!

?栗を冷凍保存
一度茹でて鬼皮と渋皮を剥いた剥き栗を保存袋などに入れ冷凍するのがおすすめ。すぐに使えて便利です。

?茹でた栗の保存は?
一度茹でた栗は、密封容器や袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。栗はじゃがいもと同じでとても傷みやすいため、2〜3日で食べ切りましょう。長期保存は冷凍しますが、食べる際には再加熱が必須。甘露煮や渋皮煮を作って保存するのも◎。

【鬼皮の剥き方】

?栗を熱湯に漬け放置する
鬼皮は大変固いので沸騰させて火を止めた鍋に栗を入れ、冷めるまで放置し、鬼皮を柔らかく剥きやすくします。

?ザラザラした栗の底面の脇から押し込むように包丁を入れ、渋皮の上のめくるように剥くと、残りはパカッと簡単に外れます。

【渋皮の剥き方】

?焼いて渋皮を焦がす
焼き網または、フライパンで外の皮だけを焦がして、内部には火が入らないように、極強火の火加減がポイント!

?濡れ布巾で簡単
熱いうちに濡れた布巾でこすると簡単に?けます。

?栗はアクが強いため、栗を剥いたら一晩水に漬けましょう。