最近食に対する健康意識が高まってきているアメリカでは、今年に入ってから「チンゲンサイ(青梗菜)」がブームになっています!栄養価も高く、スーパーフードとして評価の高いチンゲンサイと女性に嬉しい栄養がたくさんの豆乳を使った美容効果のいっぱいのレシピをご紹介します。

【チンゲンサイ&豆乳の組み合わせがおすすめな理由】

チンゲンサイは中国が原産。ベータカロテン、ビタミンC、E、カルシウムやミネラルなどの栄養素が含まれており、食物繊維も豊富。風邪の予防、便秘解消や美肌作りのためにも是非いただきたい野菜です。少量の油を加えることでビタミン類の吸収率がアップするので、シャッキリ感を残すように高温でサッと炒めたり、栄養素が溶け出すスープやソース仕立てにするのが◎。

さらに豆乳をプラスすることで、そのタンパク質がチンゲンサイに含まれるカルシウムの吸収率を高めてくれます。そのため、育ちざかりの子供にもぴったりの組み合わせです。豆乳のさっぱりしたミルキー感は、パンにもご飯にも合うのも、頼もしい限り。なお、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの働きをサポートしてくれる注目の成分でもあります。お料理の際には、糖分や添加物の入っていない無調整豆乳を選んで下さい。

【野菜料理を美味しくするコツ】

乳製品や肉、魚などの動物性タンパク質を使用せず、野菜と植物性タンパク質だけのレシピは、食べごたえやコクを増すために、ひと工夫をするのが重要。例えば葛粉や片栗粉を使えば、とろ〜りとクリーミーにソースを仕立てることができます。

コクを出すには塩麹などの調味料や良質のごま油、オリーブオイルなどをプラスしましょう。今回紹介するチンゲンサイと豆乳の組み合わせレシピはいずれも火の通りも早く、シンプルな材料で作れる時短レシピ。サーモンをプラスしたパスタやチャウダーは栄養満点のワンディッシュミールになりますよ!