秋の味覚といえば、りんごや栗などと並び、いちじくもそのひとつ。大人のおしゃれなデザートというイメージもありますね。

いちじくの旬は8〜10月となりますが、初夏に実をつける品種もあり6〜7月に出回るものもあります。いちじくは食物繊維も多く、整腸作用があり便秘がちな女性の強い味方です。

また、その以外にも栄養が豊富。、ポリフェノールを多く含み、アンチエイジング効果も◎。他にも鉄分やミネラル、カルシウム、ビタミンB1、B2、Cも含まれています。さらにいちじくには酵素が含まれていますので、食後に食べると消化を促進、二日酔いにもなりにくいという嬉しい食材!

【「ドライいちじく」は使い勝手がいい!】

さて、いちじくは生でも甘くてとびきりの美味しさですが、ドライにしたり、コンポートにしたり、ピューレにしたりと様々な食べ方があります。
庭などでたくさん収穫できるようなら、天日干しにしてドライにしてしまいましょう!簡単で甘さや栄養価も上がり、保存もきくので、旬の果物の美味しさを長く味わえますよ。ただし、手作りなので保存は冷蔵庫が安心。

ドライにする際には、皮を剥かずに4等分位にして干せば、3〜4日で美味しいドライいちじくが出来上がります。干す時には、ハエや蟻からの被害を防ぐため、ネット式のものがおすすめ。オーブンを使う場合には120度に設定し1時間半程で完成です。

ドライいちじくは甘くてプチプチする食感が格別!そのままで食べるも美味しいですが、実は使い勝手がとても良い。パンやケーキなどの焼き菓子などにINすれば絶品に!今回はいちじくを使ったワンランク上のおしゃれなパンをご紹介♪