アリババ(阿里巴巴)グループの株式は、米国時間16日にニューヨーク証券取引所の最終取引価格が104.64ドル(1ドルは約102.2円)、時価総額は約2664.13億ドルとなり、アジアの上場企業の中で最高額の時価総額を記録した。新華社が伝えた。

今月初めには騰訊(テンセント)がアジア時価総額のトップ企業となった。今回アリババがアジアのトップになったことでインターネット企業がアジアのトップに立ち続けることを実現し、伝統産業がトップに君臨する今までの流れを断ち切った。これは全世界の時価総額トップを長期間保持しているアップル、グーグル、マイクロソフトなどのインターネット企業と同じ方向に向かっていることになる。

2017年アリババの第二期財務予想では、電子商取引が売り上げの大半を占めるが、その中で投資家の注目を集めているのが、「新三大エンジン」と呼ばれるクラウドコンピューティング、デジタルメディア・エンターテインメント、革新事業だ。

アリババの中核となる電子商取引以外の三つの大きな事業は、徐々に台頭していく「キャタピラー式前進」を実現するだろう。すなわち、2017年から2019年にかけて、アント・ファイナンシャルの市場価格が600億ドルでトップとなる。2019年から2021年にかけて、アリクラウドがそのバトンをつなぐ。さらに2021年から2024年に物流サービスの菜鳥がトップになるという予想だ。リレー選手のように、アリババグループの企業がゆっくりバトンをつなぎ、トップに君臨するとみられている。

アリババ集団の馬雲CEOは、同企業の将来目標を全世界へと見据えながら「1000万社の企業を生存、成長、発展させるプラットホームを提供し、全世界で1億人分の就業機会を生み出し、全世界の20億人の消費者にサービスを提供することを目指していきたい」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/YK)