中国国務院新聞弁公室は22日に開かれた記者会見で、「2015年度中国対外直接投資統計公報」を発表した。2015年、中国の対外直接投資額は過去最高の1456億7000万ドル(1ドルは約101.1円)に達し、13年連続のスピード成長を実現した。中国の対外直接投資額は米国に続き、今回初めて世界2位となった。人民日報海外版が伝えた。

中国の対外投資は数年前から猛烈な勢いで増えている。「対外直接投資額が初の世界2位」「対外投資額が初めて外資導入額を上回り、資本純輸出額の黒字が実現」「対外投資のうち証券投資の新規増加が初めて全体の6割を上回る」「民間企業による海外買収事例数および金額が、初めて国有企業のそれを上回った」など、2015年は多くの項目で「史上初」の記録を打ち立てた。

これらの象徴的な「史上初」の記録以外に、中国商務部国際貿易交渉担当の張向晨副代表は次の通り指摘した。

「2015年、中国の対外直接投資ストックは世界8位となり、世界のストック総額に占める割合は2002年の0.4%から4.4%まで上昇した。対外投資による買収合併は活況を呈し、取引実額は544億4000万ドルに達した。『一帯一路』(the belt and road)沿線国に対する投資は前年同期比38.6%の増加、これは世界全体の投資増加幅の2倍に相当する」。

また、中国投資協会の張漢亜会長は、「対外投資の急成長は中国経済に対しても大きなプラスの影響を及ぼした。まず、国内産業構造の調整を促進し、科学技術・製品のイノベーションを推進した。次に、中国製品の国際販売ルートを幅広く開拓し、中国資源の供給を拡大した」とコメントした。(提供/人民網日本語版・編集/KM)