北京市の中関村管理委員会が発表した情報によると、アップルが中国本土で初めて直接投資する研究開発センター、アップル研究開発(北京)有限公司がこのほど、中関村朝陽園に設立された。同センターは今後、コンピュータソフト・ハード、通信、音声・動画デバイス、電子製品、情報技術などのハイテクの研究開発に注力する。北京晩報が伝えた。

同委員会の責任者によると、同社の登記資本金は1億元(約15億円)、投資総額は3億元、従業員数は約500人だという。しかしこれに対して、アップル社はコメントしなかった。

アップルのティム・クックCEOは今年8月の訪中で、中国での投資を拡大し、年末までに中国でアジア太平洋初の独立運営する研究開発センターを設立すると表明していた。また、中国の「インターネット+」行動、中国スマート製造に積極的に参加するとしていた。

アップルはイスラエルのヘルツリーヤ、日本の横浜、英国のケンブリッジなどにも研究開発センターを設立している。また、カナダ、インド、インドネシア、ベトナムなどの国でも設立を予定している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)