今年、中国の対外直接投資は高い伸びを維持し、1〜7月の非金融部門の対外直接投資は1028億ドル(1ドルは約102.8円)に達し、61.8%増加した。中でも欧米先進国のハイエンド製造業に対する直接投資が盛んだ。中国の対外直接投資によって、中国企業はバリューチェーンのハイエンドへの近道を得て、また、投資対象もさらなる発展の新たな原動力を得たと分析される。

中国の対外投資は増加し続けると同時に、投資の方向と形式も変化し続け、多元化、ハイエンド化へと発展している。対外投資初期、中国の資本は資源とエネルギー、インフラなどの分野に集中していた。今や投資分野は一層多元化し、不動産、医療分野でも中国資本が見られる。

ハイエンド製造業は中国資本の注目する重要分野だ。近年、中国企業は米国のハイテク製造業に対するM&Aを加速し続けている。例えば大連機床集団は巨額を投じて、米国Ingersoll Production Systemsを買収して大連機床集団Ingersoll Production Systems(DMT Ingersoll Production Systems)を設立し、主に複合作業機械の生産と販売を行なっている。また、中国深センコンテナ北米公司は米国のコンテナトレーラー生産企業を買収した。買収後、生産効率は大幅に高まった。現在同社はすでに年産8000台という設計生産要求を達成し、年売上高は1億ドル以上に達すると見られる。

商務部(商務省)中国サービスアウトソーシング研究センターの■厚媛副センター長(■は刑のへんにおおざと)によると、今年中国企業の海外M&Aは取引件数においても取引金額においても過去最高を記録した。特に製造業の海外M&Aが著しく増加し、世界の産業チェーンの再編に重要な役割を発揮した。

中国製造業の海外M&Aはウィンウィンの協力であり、ウィンウィンの結果をもたらす。M&Aの対象国は資本、雇用、税収を獲得し、中国は技術、ブランド、世界水準の国際企業を獲得している。そして世界第2の経済体である中国と経済的関係のある全ての国も利益を得る。世界産業体制において、中国要素はグローバル化の新たな発展、中国のパワーは将来の世界の発展の新たな原動力と言えるだろう。(提供/人民網日本語版・編集NA)