10日、北京新空港の建設現場が一部メディアに公開された。タワークレーンが林立している現場では、ターミナルビルの主体工事部分がすでに地面から顔を出しており、世間を驚かすほどの大型国際ハブ空港の建設が新たな段階に入ったことが分かる。計画によると、北京新空港は2019年に完成、操業を開始する見込みだ。人民日報海外版が伝えた。

○「ボーディングブリッジ」は5本足、8分歩けば搭乗口に到着

北京新空港建設プロジェクト指揮部スポークスマンの朱文欣氏は、新空港の概要について、次の通り紹介した。

「新空港の建設地は北京市大興区と河北省廊坊市広陽区に跨る地区で、直線距離で天安門から約46キロメートル、首都空港から約67キロメートル、廊坊市から約26キロメートル、それぞれ離れている」

「設計計画では、2025年の利用旅客数は延べ7200万人、貨物取扱量は200万トン、航空機発着回数は62万回、メイン滑走路は4本、ターミナルビルの建築面積は70万平方メートルとなっている」

「メインターミナルビルのボーディングブリッジは『5本足』形で、総合サービスビルと北側の廊下で繋がり、全体的に安定してバランスが取れた形態となる。ターミナルビルの中心から搭乗口までの距離は、最も遠い搭乗口でも600メートル以内に収まっており、8分も歩けば到着する」

「4本のメイン滑走路については、国内初の『縦3本、横1本』型の配置となり、革新的な離発着エリアの設計・計画となっている」

○「五縦両横」で天津・河北との「1時間交通圏」が実現

朱氏は続けて、以下のように説明した。
「新空港は、『五縦両横』総合交通主要幹線ネットワークを確立し、道路、都市軌道交通、高速鉄道、都市間鉄道などの各種交通機関を統合することで強大なエリア輻射力を備えた地上総合交通システムを形成することに力を注いでいる」

「今後、利用客は新空港専用高速道路と新空港快速線を利用することで、北京市中心部に直行することが可能となり、高速道路網、都市間鉄道、高速鉄道、周辺鉄道にも乗り継ぐことができる。約1時間で天津、唐山、保定の各都市へ、約2時間で石家荘、秦皇島、済南の各都市へ、約3時間で太原、鄭州、瀋陽の各都市へ、それぞれ到着することができる」。(提供/人民網日本語版・編集/KM)