2016年9月21日、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)が映画でのキスシーンについて、「妻子がいるので」とNGを示した。鳳凰網が伝えた。

21日、映画「王牌逗王牌」の北京プレミアが行われ、バリー・ウォン(王晶)監督はじめ、主演のアンディ・ラウやホアン・シャオミン(黄暁明)が出席。香港と中国の人気俳優がダブル主演するアクションコメディーで、中国では大型連休初日の来月1日から公開される。

映画ではアンディ・ラウのキスシーンもあったのだが、最終的にカットされている。これについてアンディ・ラウは、「もう妻や子供がいるので。そういうシーンは何かと問題が多い」とコメントし、観客を笑わせていた。

アンディ・ラウと初共演を果たしたホアン・シャオミンは、「彼と共演できると聞いたから即引き受けた」と語るほどアンディ・ラウの大ファン。子供の頃から自宅にはアンディ・ラウのカセットテープが大量にあり、「ほとんどの歌を歌える」と語っている。憧れのスターと共演する夢をかなえたが、男同士の「密着」シーンがなかったのが一番の心残りだという。(翻訳・編集/Mathilda)