2016年9月24日、中国のアカデミー賞「百花奨」の受賞式が行われ、俳優ウィリアム・フォン(馮紹峰)、女優シュイ・チン(許晴)に最高賞が贈られた。新浪が伝えた。

「金鶏奨」と並んで、中国で最も権威ある映画賞の「百花奨」。「金鶏奨」は映画の専門家が選ぶ賞、「百花奨」は一般社会が選ぶ賞として知られる。その歴史は「百花奨」がより古く、1963年に当時の周恩来首相の呼び掛けで創設された。64年〜79年の17年間は文化大革命などの影響で中止されたが、80年に復活。05年からは隔年開催となり、今年で第33回を迎えた。

今年、最優秀主演男優賞に選ばれたのは、ジャン=ジャック・アノー監督「神なるオオカミ」に出演したウィリアム・フォン。同じく女優賞には、フォン・シャオガン(馮小剛)監督の話題作「老炮兒」からシュイ・チンが選ばれた。

最優秀作品賞はツァオ・バオピン(曹保平)監督の「烈日灼心」。昨年、「娯楽年鑑」が毎年発表する「良い映画」ランキングで第3位に選ばれた作品だ。最優秀監督賞は、映画「尋龍訣」のウー・アールシャン(烏爾善)監督に贈られている。

最優秀男優賞に初ノミネートされ、初受賞を決めたウィリアム・フォンは「長年の夢がやっと叶った」と、感激の思いを込めて語っている。(翻訳・編集/Mathilda)