2016年9月27日、ジャッキー・チェン(成龍)主演映画の「鉄道飛虎」と「功夫瑜伽(カンフーヨガ)」が、来年のお正月時期に続けて公開されることになった。捜狐が伝えた。

1995年公開の「レッド・ブロンクス」によって、中国に「お正月映画」の概念をもたらしたジャッキー・チェン。来年のお正月時期に、そのジャッキー・チェンの主演映画2本が相次いで公開される。

ジャッキーの抗日映画と紹介されている「鉄道飛虎」は、今年12月30日から公開。第2次世界大戦下の中国を舞台に、日本軍を襲撃するため、鉄道労働者や一般市民によって組織されたゲリラ隊「鉄道遊撃隊」をコメディタッチで描くものだ。

さらに来年1月28日、旧正月「春節」の元旦から公開されるのが、中印合作映画の「功夫瑜伽(カンフーヨガ)」。こちらではジャッキーが考古学者を演じ、お宝を求めて世界を駆け回る。ジャッキーが躍るボリウッドダンスも、見どころの一つとなっている。

「功夫瑜伽」については、「レッド・ブロンクス」「ポリス・ストーリー3」とジャッキーの代表的なヒット作を次々と生み出したスタンリー・トン(唐季礼)監督の作品。ゴールデンコンビが再びタッグを組み、新たなメガヒットを狙っている。(翻訳・編集/Mathilda)