2016年10月4日、中国芸能界で最大のチャリティーパーティー「BAZAAR明星慈善夜」で、出席しただけで寄付していない芸能人がいるとの話題が浮上している。NOWnewsが伝えた。

女性ファッション誌「Harpers Bazaar」が主催し、03年にスタートした「BAZAAR明星慈善夜」は、芸能界の一大祭典として毎年恒例のイベントとなっている。大勢の著名タレントが参加し、「芸能界の半数がやって来る」と言われるほど。ここに登場することが、近年では人気とステータスを示す意味も含んでいる。

今年は約6400万元(約9億6000万円)が集まったと報告されているが、このイベントに出席して華やかにレッドカーペットを歩いたにもかかわらず、寄付金リストに名前がないタレントがいることが明らかに。この中には、人気女優のヤン・ミー(楊冪)やリウ・イーフェイ(劉亦菲)、リウ・シーシー(劉詩詩)などの名前が挙がっている。

名前の記入漏れ、または別の形で寄付したのではないかという意見も一部にあるが、ネットユーザーからは批判の声が多い。「レッドカーペットを歩きに来ただけか?」「金額を競う必要はないが、参加するからには一定の義務がある」などといった意見が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)