2016年10月12日、台湾の歌手で女優のレイニー・ヤン(楊丞琳)が、3年前に他界した父親への思いを初めて語った。自由時報が伝えた。

レイニー・ヤンの両親は、彼女が13歳の時に離婚し、保証人になっていた母親が父親の借金を肩代わりする形になった。レイニー・ヤンは01年、16歳でアイドルユニット4 in Loveのメンバーとしてデビュー。一家の大黒柱として母と姉を支え、借金返済に追われた。

13年に他界した父親について、レイニー・ヤンはこのほどインタビューで、やっと重い口を開いている。離婚直後は年1回のペースで会う機会があったが、その後は連絡を取り合うこともなくなっていた。レイニー・ヤンがソロで大ブレークした後、父親から連絡があったが、少額ながらも借金の申し入れだった。あまりに現実的な話に悲しくなり、さらに過去の負債のトラウマも大きかったため、申し入れを断ったという。

13年に父親が心筋梗塞のため他界し、当時上海でコンサートを開催していたレイニー・ヤンは、舞台上で大泣きして話題になった。離婚後は縁の薄かった父親だが、今でも夢に見ることがあるという。苦労させられた父親への恨みについては、「本当に不思議なことだけど、全然ない」と語っている。

父親の死後、その携帯電話の待ち受け画面が、ステージで歌う自分の写真だったことを知らされたというレイニー・ヤンだが、今でも昔の父親の姿を思い出すと、「思わず涙が出てくる」という。(翻訳・編集/Mathilda)