2016年10月13日、中国のアイドルグループSNH48がスペインの闘牛場で行ったMV撮影で、地元民の妨害に遭っていたことが明らかになった。網易が伝えた。

今年7月の第3回総選挙で選ばれた上位16人がこのほどスペインへ飛び、「公主披風」のMV撮影を行った時に発生した。撮影はマドリードの闘牛場で行われたが、ここに地元民が「No Toros(闘牛反対)」のプラカードを掲げて乱入した。

乱入したのは地元の動物愛護団体の会員らで、場内で牛を使った撮影、またはパフォーマンスが行われると勘違いしたもの。スタッフに制止されてその場を離れたが、乱入の様子を撮った写真がネット上に出回っている。

「公主披風」のMVでは、SNH48メンバーが闘牛士風の衣装で出演しているが、撮影で牛を使うことはなかったため、全くのぬれぎぬだった。なお、「公主披風」はシンガポール発の人気アーティスト、リン・ジュンジエ(林俊杰)が提供した話題曲で、レディー・ガガやジャスティン・ビーバーらを担当した米音楽プロデューサーも参加している。(翻訳・編集/Mathilda)