2016年10月14日、台湾の歌手で女優レイニー・ヤン(楊丞琳)が最新曲MVで、「これまでの芸能生活で最も大切な3人の男性」と共演している。NOWnewsが伝えた。

レイニー・ヤンはこのほど、通算10枚目のアルバム「年輪説」をリリース。収録曲「観衆」のMVが13日、YOUTUBE公式チャンネルなどで解禁された。

豪華キャスティングで注目の同MVでは、マイク・ハー(賀軍翔)、ウィルバー・パン(潘[王韋]柏)、SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)の3人が登場。3人は「悪魔で候」をはじめ、「笑うハナに恋きたる」「僕のSweet Devil」など、過去にヒットしたドラマ作品でレイニー・ヤンの相手役を務めている。

これらのドラマはそれぞれの時期で、人気を押し上げる大きな力になった作品だけに、「もし3人がいなかったら、今の私はいない」とレイニー・ヤン自身が語っている。なおMVの中では、マイク・ハーを相手に青春時代の激しい恋愛、SHOWとはロマンチックなキスシーン、ウィルバー・パンとはプロポーズを拒む場面を演じている。

それぞれ思い入れの深い3人の男性たちだが、この中から結婚相手を選ぶなら誰がいいか聞かれたレイニー・ヤンは、迷うことなく「ウィルバー・パン」と回答している。(翻訳・編集/Mathilda)