2016年10月14日、秋に入ってすでに深刻化している北京の大気汚染について、女優のチャン・ツィイー(章子怡)も「つらい、泣きたい」と嘆いている。網易が伝えた。

今や世界中から注目される中国の大気汚染だが、北京市では14日、重度の大気汚染がしばらく続くとして、一般的注意を促す「青色警報」を「黄色警告」へと引き上げた。同日、女優のチャン・ツィイーが中国版ツイッターでこの話題について触れ、「大気汚染、つらい、泣きたい!」と投稿。顔面にがっちりと防毒マスクをつけた女性の写真を添えている。

この投稿でチャン・ツィイーは、ある動画をきっかけにネット上で話題沸騰し、流行語になりつつある「藍痩(つらい)、香●(泣きたい/●=くさかんむりに「姑」)」という言葉を使っている。このためネットユーザーからは、「意外とミーハー」「かわいい!」などといった声が。また、昨年12月に娘の醒醒(シンシン)ちゃんを出産したばかりのため、「赤ちゃんを外に出さないで」と注意喚起するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)