2016年10月15日、韓国でソロデビューを果たした鬼鬼(グイグイ)ことエマ・ウー(呉映潔)が、芸能界は「偽りだらけの世界」と語った。新浪が伝えた。

デビュー11年目にして韓国へ進出し、シングル曲「Sugar Rush」をリリースして今月ソロデビューしたエマ・ウー。15日、台北市でフォトエッセイ「I My Me:Emma秘」のサインイベントを開催した。

韓国進出にあたっては、「最も好きな韓流スター」にBIGBANGのT.O.Pの名前を挙げている。この日のイベントでも、「無人島に取り残されるとしたら相手は誰を選ぶ?」と質問されると、迷わず「T.O.P」と回答。エマ・ウーは13年、韓国のリアルバラエティー番組「私たち結婚しました」国際版に出演し、2PMのテギョンと仮想夫婦になっている。テギョンを選ばなかった理由について、「親しすぎるから」と回答。エマ・ウーにとっては、すでにドキドキ感を抱く相手ではないようだ。

韓国進出にあたって、「顔面お直し」や「闇接待でチャンスをつかんだ」など、さまざまなうわさ話が流れ、そのたびに否定してきた。この日もうわさを否定した上で、「芸能界は偽りだらけの世界なので、自分は偽りのない人間でいたい」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)