2016年10月10日、韓国・朝鮮日報によると、中国では行方が分からなくなった韓国人は、71人に達していることが分かった。環球時報(電子版)が伝えた。

韓国外務省の資料によると、中国で行方不明になった韓国人は15年は19人にとどまっており、3倍以上に急増した。11年は16人、12年は11人、13年は16人、14年は9人だった。現在までの行方不明者は計370人。大半は不明までの足取りがつかめているが、71人は原因も分かっていないという。(翻訳・編集/大宮)