2016年9月30日、壱娯観察は記事「日本の警察が字幕組メンバーを逮捕、ダウンロード時代は終結か」を掲載した。

京都府警サイバー犯罪対策課は28日、中国人の男2人を逮捕した。2人は「字幕組」と呼ばれるグループのメンバー。「字幕組」、英語では「ファンサブ」と言うが、他国の番組に独自に字幕をつけてシェアするアマチュアグループを指す。日本で番組を録画し中国に送る役割の人物、翻訳担当、校正担当などに分かれ、放映からわずか数時間後には字幕付き海賊版動画がネットで公開されている。同じく28日には江蘇省蘇州市で大手海賊版動画サイト「BT天堂」の管理者が逮捕された。字幕付きの海賊版動画を集め、P2Pソフト経由で配信していたという。

中国では海賊版コンテンツが大量に流通しているが、字幕組が制作したものも少なくない。今では正規版のネット配信も多いが、「翻訳が面白い」「暴力や政治の問題で中国では規制されているコンテンツも流通している」などの理由でいまだに根強いファンも少なくない。今回の逮捕によって字幕組やP2Pソフト経由での海賊版配信が下火になる可能性が指摘されている。(翻訳・編集/増田聡太郎)