2016年9月23日、日本を訪れた中国人は日本のどのような部分に深い印象を受けたのか。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿された書き込みを紹介しよう。

以前、東京を訪れたという成都市のある女性は、「自由行動の時間は、実はとても不安だったの。帰りの道がわからなくなるんじゃないかと思ったから。ガイドさんに『迷ったらどうすればいいですか』って聞いたら、『行きたい場所を紙に書いて近くの日本人に見せれば助けてくれますよ』って。だから、その日はずっといろんな人に道を聞いていたわ。ほとんどの人が親切に道を教えてくれて、中には地下鉄の駅まで連れて行ってくれた人もいたの。みんな礼儀正しかったしね」と、安心して観光できたとつづった。

また、遼寧省在住の40代のある女性は、「夜に外出した時、母親と道を渡ろうとしていたら、そこにちょうど車がやってきたの。そうしたら、車は私たちの5〜6メートル手前で止まって、先に渡らせてくれたのよ。その時は思いがけない優しさを感じて、本当に驚いちゃったわ。しかも、日本ではクラクションは一切聞かなかった。帰国してからは毎日クラクションに急かされて、本当に気分悪いわ!!」と、日本と中国の交通事情の違いについて記している。(翻訳・編集/北田)