2016年9月19日、環球網は、元卓球女子世界ランク1位の王楠(ワン・ナン)さんの夫が日本のホテルで水道の蛇口を全開にしたと告白した件について、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でアンケートを行った。

満州事変の発端となった柳条湖事件があった18日、王楠(ワン・ナン)さんの夫である郭斌(グオ・ビン)氏は中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、「日本へ行ったことがあるが、日本製のものは一切使わなかった。卑しいことながらホテルで水道を出しっ放しにして溜飲を下げた。実はこれは意味のないことだ。私たちはさまざまな面で頑張らなければならない」などと投稿し、王さんもこれを支持した。王楠さん夫婦といえば、結婚式の際に福原愛が介添人を務めたことでも知られている。

郭氏のこの行動について、環球網はネットアンケートを実施。「支持する。私の心の中の愛国の方法とまったく同じだ」「国を愛する気持ちは理解できるが、方法が適切ではない」「恥である。愛国は構わないが、これほど見境がないのはいただけない」「どうでもいい。自分とは関係ないことのように思う」「その他」の五つの選択肢の中から一つを選ぶものだ。

アンケートには20日午前9時の時点で5000人余りが回答。最も多いのが「恥である。愛国は構わないが、これほど見境がないのはいただけない」で57.7%。以下、「国を愛する気持ちは理解できるが、方法が適切ではない」が25.4%、「支持する。私の心の中の愛国の方法とまったく同じだ」が9.3%、「その他」が3.8%、「どうでもいい。自分とは関係ないことのように思う」が3.8%となっている。一部の中国メディアは「支持が多数」などと報じていたが、それとは異なる結果になっている。(翻訳・編集/北田)