このほど開催された第20回モンゴル国際草原マラソンで日本から参加した兵庫県加西市職員の大道さんが優勝した。大道さんが参加したのは走る距離が最長となる100キロ種目で、9時間57分をかけてゴールまでたどり着いた。長いレースの果てに勝ち取った賞品は、モンゴルならではのラクダ1頭!ラクダは大道さんによって「Go」と名付けられた。人民網が伝えた。

ラクダは数日間水を飲まなくても砂漠を移動することができるので、この過酷なマラソン大会にうってつけの賞品と言えるだろう。しかし残念なことにモンゴルの家畜は日本に輸入することができないということだ。そこで大道さんはラクダの「Go」の世話を遊牧民に頼み、毎年モンゴルに会いに来ることを約束した。大道さんは「是非ともGoを日本に連れて帰りたいと思ったが、モンゴルに残る方がGoにとっては一番いいだろう」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/TG)