重慶市酉陽トゥチャ族ミャオ族自治県が19日に発表した情報によると、現地で長さ約7センチメートル、横約3センチメートルの、正体不明の輪郭がはっきりした古生物が見つかり、同県文物管理所の責任者がチームを率い、実地調査を行った。鑑定の結果、この化石は三葉虫であることが判明した。中国新聞網が伝えた。

現場を取材したところ、三葉虫の化石はやや破損していたが、科学研究の価値は損なわれていないということだ。上述の責任者は「三葉虫の化石の保護活動は、その他の文化財と同じく法的保護を受ける。自然博物館の専門家を現場に派遣し、そのサンプルを実験室に持ち帰り、さらに深く研究を進める予定だ」と話した。

三葉虫は今から5億6000万年前のカンブリア紀に出現した最も代表的な古生物だ。4億3000万年前から5億年前にかけては最も繁殖したが、2億4000万年前のベルム紀に完全に絶滅した。地球上で3億2000万年以上も存在し続けたことになる。古生物の化石は、地球の進化に伴う緩やかな地質変化によって残された、再生不可能な地質自然遺産であり、地質や地中、気候などを研究する上で、大いに参考すべき価値のある遺産だ。(提供/人民網日本語版・編集YF)